次期プリウス 最新情報ならこちら

次期プリウス 最新情報ならこちら

次期プリウス 最新情報では、
2015年9月9日にデビューすることが発表されました。

 

春くらいに話題になりましたが、
燃費は、40km/Lを超えるかもしれないと、
期待されています!

 

価格も現在とほぼ変わらないだろうと予想されていて、嬉しいです。
今から楽しみです☆

 

 

人気も高くなりそうなので、早めに準備をして、
できるだけ確実に、お得に購入したいですね。

 

そこで、自分が新型車を購入する時に、
約67万円もお得にできた方法をご紹介します。

 

事前にしっかりと準備をしないと、
知らないうちに大きく損をすることもあるので、
参考になればと思います。

 

 

まずは普通にディーラーに行って、自分の車を下取りにだして、
新型車を購入する相談をしました。

 

ディーラーは、下取りにだした車に応じて値引きをしてくれるので、
私の場合、値引き額は、約5万円でした。。

 

 

値引き額にいまいち納得できなかったので、
最近ネットで人気の、車査定サービスに見積もりをだしてもらいました。

 

すると、なんと約72万円の買取金額がつきました!
びっくりしました。

 

理由は、買取業者が多かったので、査定額がつりあがったからです。

 

 

もちろん、そのまま買い取ってもらい、
新車は、自分の車の下取りなしで購入しました。

 

結果的に約67万円も得をしたので、大満足でした。
車査定サービスが人気な理由がわかりました。

 

 

私が使った車査定サービスはこちら

 

↓↓↓
かんたん車査定ガイド

 

 

もちろん無料で、たった1分程でできます。

 

 

ディーラーとの付き合いがある人も、
下取り価格を知っておけば、交渉にも使えるので、
一度査定してからディーラーに行った方が良いですね。

 

ちなみに、自分の友達は、ディーラーでは廃車扱いだった車に、
約50万円の買取金額がつきました!

 

お得に損なく、次期プリウスを購入できるといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。右左折時やコーナリング時に視界の妨げにならないよう、ピラー形状やサイドミラーの位置を最適化するとともに三角窓をドアに内蔵。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。またリヤドア後ろののピラー断面を極めて小さくすることで、左後方の死角を減らしています。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。さらにリヤゲートのウインドゥ形状を工夫することで後方確認をしやすくするなど、全方位で安心の視界を提供します。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。ロングドライブでも疲れにくいシート
フロントシートは乗り心地とサポート性を追求。運転の疲労を軽減し、正確な操作をサポートします。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。ヘッドレストには上下だけでなく角度も調整できる可倒式を採用。むち打ち軽減性能も確保しています。フロント・リヤともに、シートバックのメイン部とサイド部は硬さの異なる素材を使用することで、サポート性と乗り心地を両立させています。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。レヴォーグのカーゴルームには、SUBARUが長年培ってきたワゴンづくりのノウハウが凝縮されています。522?(VDA法*)という大容量を確保するだけでなく、隅々まで効率よく使えるフラットな空間を実現。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。広く、段差の少ない開口部は、荷物の積み降ろしもスムーズに行えます。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。さらに、荷室を自在に拡張できる可倒式リヤシートはもちろん、機能的なサブトランク、開閉しやすいリヤゲートなども採用。SUBARUの最新ツアラーに相応しい、優れた使い勝手を提供します。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。大型サブトランク
2分割フロアボードの前側を外せば浅底のスペース(7?*)が、後側を外せば深底のスペース(33?*)が出現。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。かさばる小物から背の高い荷物まで収納できます。深底のスペースは専用の板で仕切れるほか、フロアボードをトノカバーに立て掛けておけるなど、スマートな使い勝手を提供します。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。トノカバー
機能性だけでなく質感にもこだわったトノカバー。
使わない時はサブトランクの深底スペースにすっきりと収納できます。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。マルチインフォメーションディスプレイ付ルミネセントメーター

アイスブルーの照明、精緻な文字盤、サテンメッキ調のリングが美しいメーター。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。中央には3.5インチカラー液晶ディスプレイを内蔵し、ドライビングの基本情報を表示します。乗り込んだ際はレヴォーグのシルエットが浮かび上がるアニメーションやピアノサウンドによってドライバーをお迎えします。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。マルチファンクションディスプレイ
各種の燃費情報、VDCの作動状態、メンテナンス項目など、車両のさまざまな情報を4.3インチの大型カラー液晶画面で表示。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。ゲーム感覚で省燃費走行にチャレンジできる「高速巡航ECOチャレンジ」や、スポーティな気分を高める「ブースト表示」(2.0?車のみ)など、レヴォーグならではのコンテンツも愉しめます。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。スイッチは助手席からも操作できるセンターパネルに設置しました。

 

次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。本革巻ステアリングホイール
スポーティなDシェイプステアリングを採用。扱いやすい形状とサイズ、手応えのある握り心地、確かなグリップ感が、操る悦びを高めます。
次期プリウス 最新情報も気になりますが、最近興味があるのが、レヴォーグです。電動パーキングブレーキ(ヒルホールド機能付)
パーキングブレーキをスイッチひとつで作動・解除できる電動パーキングブレーキ。
次期プリウス